新潟の自然と風土を活かした分散電源ネットワークと電気自動車コミュニティーの構築

平成20年度経済産業省低炭素社会に向けた技術シーズ発掘・社会システム実証モデル事業

冬季の北西風など、新潟の自然と風土を活かした風力発電や太陽光発電、バイオディーゼル発電を用いた分散電源ネットワークを構築・実証するとともに、得られたクリーンエネルギーを活用して、充電装置を搭載したレスキューEV(助っ人EV)と雪道やぬかるみに強いアンチスリップEVの開発と実証試験を平成20年度行いました。

詳細は、別添PDFファイルを参照
成果説明会(pdf)






このページの先頭へ